雑用をめぐる人間関係のトラブル

新しい仕事が決まって、アルバイトとして働いていると、避けて通ることが出来ない不安点として、人間関係の問題が挙げられます。多くの人間が働く職場であっても、少人数で働く職場であっても争いの種は至る所にあるのが日常茶飯事と言えます。職場でよくある人間関係のトラブルとしては、仕事の押し付け合い等があります。例えばトイレ掃除やゴミ集めなど、誰もがやりたくないと思うような仕事を誰が行うかについて揉め事が起こる事があります。このような場合に、発言力の強い人が発言力の弱い人に仕事を押し付ける傾向が見て取れます。しかしながら、職場では誰しも平等に扱われるのが当然ですので、こうした弱いものいじめのような状態を発見した場合には、すぐに改善するように努力しなければなりません。具体的な解決策としては、誰もが嫌がるような仕事を一人に任せるのではなく、皆で分担して平等に回すといった改善策が考えられます。例えば、曜日ごとに誰がトイレ掃除を行うかを、きちんとスケジュールとしてカレンダーに書き込む等といった方法が望ましいと言えるでしょう。しかし、長い期間同じ職場で働いている発言力の強いアルバイトの中には、絶対にそういった仕事をしたがらない者も出てきます。そういった場合には店長などの経営責任者を交えた上で、職場のルール作りをする事を提案する事が問題解決への第一歩という事ができます。責任者を交えた上で決めた職場のルールであれば、わがままを言う人も居なくなるでしょう。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.